山の音楽家 Shana
HOME
コンサート情報
せふり山から
晴れても雨でも
ShanaのCD
掲示板
リンク
このサイトとShanaについて
E-Mail
このサイトとShanaについて
 山の音楽家 Shana写真
こんにちは。
Shanaのホームページにおいでいただき、ありがとうございます。

私たちは、ギターの原健太郎、オカリナの麻由子、そして花乃子(かのこ)、光(ひかり)の4人家族。佐賀県の脊振村という小さな山あいの村に暮らしています。

1998年秋、福岡市にてオカリナとギターによる演奏活動を始め、2001年に出産を機に移住しました。 木々を揺らす風の音、流れる水の音、季節の草花、満ちては欠ける月、満天の星‥‥、自然に囲まれた暮らしの中から生まれる音を奏でています。教会、お寺、神社、病院、学校、イベントなど、結ばれたご縁を大切にしながら、音色を届ける旅を続けています。

そんな私たちの演奏を聴いてみたい、もしくは催しに呼んでみたいなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。(連絡先はShanaのCDページの最下部”特定商取引法に関する表記”をクリック!)

また、オカリナを始めてみたい!という方、持ってるけど長く触ってないなあという方、気の合う仲間を誘ってグループレッスンを始めてみませんか?一緒にオカリナを奏でてみましょう。

このホームページの主な登場人物

原 健太郎
   8月8日生まれ。
   ある時はギターを、ある時は鍬を手にして、飄々と生きるお父さん。
   脊振の我が家に仲間が集まる時には、昔取った杵柄を手にして、シェフに変身。

  麻由子
   10月30日生まれ。
   オカリナで歌い、声で奏で、自然を愛でるお母さん。
   笑って泣いて食べてまた笑って、今日も流れるように生きている。

  花乃子(かのこ)
   2001年3月6日生まれ。トトロのサツキちゃんみたいな女の子。
   自然が大好き、本を読むのも工作も大好き。
   ただ今、皆勤賞ペースで元気に学校に通ってます。

  光(ひかり)
   2005年1月5日生まれ。トトロのメイちゃんみたいな女の子。
   歌うことが大好き、本を読むのもお絵描きも大好き。
   くりくりおめめ、大きな声の元気な子。

  ピーチ
   2005年7月28日生まれ。
   4歳の秋、縁あって我が家にやって来たミニチュアダックスフントの女の子。
   秋の稲穂のようにきれいなイエローの毛並みと、真っ黒の瞳を持つおとなしい子。

ところで、Shanaって?

「Shanaってどういう意味ですか?」
とよく質問されますが、いつも答えに困ってしまう。だって意味などありませんから。ある時、ふっと「あっ、Shanaだな」と思った、それだけなのです。きっと言葉のひびきが気に入ったのでしょう。

このサイトのイラストは

このサイトにちりばめられた、あたたかいイラストたちは、佐賀県の三瀬村(となり村)にお住まいの、大江登美子さんの銅版画です。ShanaのCDの1,2枚目のジャケットは、大江さんの作品なんですよ。