山の音楽家 Shana
HOME
コンサート情報
せふり山から
晴れても雨でも
ShanaのCD
掲示板
リンク
このサイトとShanaについて
E-Mail
晴れても雨でも

㊗️我が家に中学生が戻ってきた。


 再び意味不明なタイトルですが、昨年一年は長女が高校に入学して自宅を出て、子供が小学生の次女一人だったためです。真新しい制服に身を包み…と言いたいところですが、カバンも含めて姉のお下がりで我慢してくれてます。

 脊振中学校は生徒の人数も少なく、部活は必須(全員強制)です。結果良い思い出にはなるし体づくりにもいいのですが、親の方は送迎などにかなり時間とエネルギーを取られます。なので昨年一年は前述のような訳でのんびり過ごせましたが!さあ!またこれから三年間親業頑張りますよ〜!まあとにもかくにも!おめでとう!

2017年4月15日

小学生がいなくなる日。


 一見よくわからないタイトルになりましたが、要するに末っ子(次女光)の小学生最後の日です。とうとう我が家から”小人”がいなくなります。

 6年間あっという間です。制服もちんちくりん。靴は何足新調してきたでしょう、もう覚えてません。我が家から小学生がいなくなる日が来るなんて、この時期特有のカラフルさがうちからなくなるんだなあと、少し寂しくなりました。
 最近綺麗にお化粧直しをすませた校舎を出て行きます。いくらすぐ近くの中学校に行くことになるとしても、やはり自分の居場所がなくなるということなので”お別れ”です。
 お世話になった先生とスリーショット。がっつり一人の先生にお世話になるのも小学生まで。中学校以降は教科ごとにいろんな先生にお世話になることになります。
 4年間、毎週福岡の道場に通い続けた大東流合気柔術。
春休み中になんとか黒帯(初段)の審査に合格することができました。今は高校生の長女花乃子も、小学校卒業と同時に初段のお免状をいただいたのでこれで二人お揃い。中学校に入ったら部活動が始り、おいそれとは通えなったので、光もなんとか間に合って良かった良かった。

 これからもまた新しい世界へ向けて一歩一歩上って行きなはれ。

2017年3月30日

雪の降る日は


 昨年ほどではないが、ここのところ雪らしい雪が降りました。山陰地方などは予期せぬ豪雪で大変苦労されてるというニュースが耳に入ってきます。お見舞い申し上げます。

 私たちの住んでいる脊振は以前は大雪でよく学校が”雪休み”になってましたが、最近は行政や地元業者の皆さんの迅速な対応(除雪)のためか、よほどのことがない限り通常通り登校できるようになってます。ありがたいことです。

 子供が通学バスに乗ったのを見届けた後、庭に出て左手の山の頂に朝日が当たり始めます。この早い時間の低い角度から当たる日差しが、雪化粧をした山の木々を最も美しく照らすような気がします。その風景に癒されながらスタッドレスを履かせたLapinに積もった雪を払い、ミニチュアダックスのピーチの散歩道を除雪。冬用タイヤを持たないEVERY WGNはしばらく車庫で待機。(チェーンはあるので頑張ればどこでも行ける。)

 この日は外作業も出来ないので、次女光と雛飾り。長女花乃子は祖父の家から高校に通っているので、今年初めて親子二人での作業。二人分頑張って飾っている光を見ていると、そう、そうなんです。もうすぐ卒業。とうとう我が家から小学生がいなくなります。あと数十日の小学校生活を精一杯楽しんで。そう願う父でした。

2017年2月13日

磁器婚式


 今年で結婚20年目になりました。磁器婚式というのだそうです。

 この歳になると、本当に時の経つのが早いんだなあ実感します。これまでの記念日はちょっと家族で外食とか、手作りでお家パーティー楽しんだりというのが定番でしたが、せっかく20周年という節目、何かないかと二人で思案。山に住んでるとドライブもいつもしてるから新鮮味がないし…。
 で、実は麻由子がふと思いついたのが”山登り”!ちょこちょこいろんな人から勧められていたらしい。しかしこれは盲点だった。山間部に住んでるせいかわざわざ山に登ろうとは自分は思わなかった。(しかしこれがとてももったいないことだったと後で気づくことになろうとは。)遠足は嫌いじゃなかったのに、振り返ると車で移動するばっかりの日々になってた…。

 イメージを膨らませているうちになんだかワクワクしてきてさっそく山の選定。なにせ超がつく初心者。あまり時間もかけられないし装備も皆無。ネットで山好きさんのブログを参考に…、と見ていると、なんと地元神埼に手頃な山。その名も土器(かわらけ)山。標高429.9m。登山口は家から10分ぐらいで、日中前後で山頂往復出来るのもいい。
 というわけで記念日当日、おにぎりやおやつの準備もいそいそと、リュックもないので子供のデイバッグを拝借して詰め込み、小学生の遠足に毛が生えたような格好でいざ登山口へ。

      〜〜〜 途中過程略 〜〜〜
 いや、それが良かったんです。一言で言うと。正直山登りはいままで興味が持てなかったけど、こんなに面白いとは。今回選んだ土器山は途中の景色もいいし地形も面白い。標高もほどほどで最初にしては登りがいのある山でした。登り口で拾った枝を両手に登りましたが、最低限これは必須アイテムだなと思いました。

 頂上付近は巨岩が随所にあり、祠も祀られてました。三角点付近は360°パノラマ。天気にも恵まれ、山頂で食べたおにぎりは最高でした。

 今思うと結婚記念日に山登りなんてうちらしい。こういうひらめきが麻由子の魅力の一つだなあとあらためて思う。素敵なアイディアに乾杯。ありがとう。

PS 以下のブログを参考にさせていただきました。とても詳しく解説されていて安心して挑戦することができました。土器山に興味持たれた方は是非登って見てください。
http://saga.otokulab.com/?p=407

2017年1月29日

今年もよろしくお願いします。

2017年が皆様にとって良い年でありますように。




2017年1月19日

<< 新しい日記 2 / 19 ページ 古い日記 >>