山の音楽家 Shana
HOME
コンサート情報
せふり山から
晴れても雨でも
ShanaのCD
掲示板
リンク
このサイトとShanaについて
E-Mail
晴れても雨でも

雪の降る日は


 昨年ほどではないが、ここのところ雪らしい雪が降りました。山陰地方などは予期せぬ豪雪で大変苦労されてるというニュースが耳に入ってきます。お見舞い申し上げます。

 私たちの住んでいる脊振は以前は大雪でよく学校が”雪休み”になってましたが、最近は行政や地元業者の皆さんの迅速な対応(除雪)のためか、よほどのことがない限り通常通り登校できるようになってます。ありがたいことです。

 子供が通学バスに乗ったのを見届けた後、庭に出て左手の山の頂に朝日が当たり始めます。この早い時間の低い角度から当たる日差しが、雪化粧をした山の木々を最も美しく照らすような気がします。その風景に癒されながらスタッドレスを履かせたLapinに積もった雪を払い、ミニチュアダックスのピーチの散歩道を除雪。冬用タイヤを持たないEVERY WGNはしばらく車庫で待機。(チェーンはあるので頑張ればどこでも行ける。)

 この日は外作業も出来ないので、次女光と雛飾り。長女花乃子は祖父の家から高校に通っているので、今年初めて親子二人での作業。二人分頑張って飾っている光を見ていると、そう、そうなんです。もうすぐ卒業。とうとう我が家から小学生がいなくなります。あと数十日の小学校生活を精一杯楽しんで。そう願う父でした。

2017年2月13日

磁器婚式


 今年で結婚20年目になりました。磁器婚式というのだそうです。

 この歳になると、本当に時の経つのが早いんだなあ実感します。これまでの記念日はちょっと家族で外食とか、手作りでお家パーティー楽しんだりというのが定番でしたが、せっかく20周年という節目、何かないかと二人で思案。山に住んでるとドライブもいつもしてるから新鮮味がないし…。
 で、実は麻由子がふと思いついたのが”山登り”!ちょこちょこいろんな人から勧められていたらしい。しかしこれは盲点だった。山間部に住んでるせいかわざわざ山に登ろうとは自分は思わなかった。(しかしこれがとてももったいないことだったと後で気づくことになろうとは。)遠足は嫌いじゃなかったのに、振り返ると車で移動するばっかりの日々になってた…。

 イメージを膨らませているうちになんだかワクワクしてきてさっそく山の選定。なにせ超がつく初心者。あまり時間もかけられないし装備も皆無。ネットで山好きさんのブログを参考に…、と見ていると、なんと地元神埼に手頃な山。その名も土器(かわらけ)山。標高429.9m。登山口は家から10分ぐらいで、日中前後で山頂往復出来るのもいい。
 というわけで記念日当日、おにぎりやおやつの準備もいそいそと、リュックもないので子供のデイバッグを拝借して詰め込み、小学生の遠足に毛が生えたような格好でいざ登山口へ。

      〜〜〜 途中過程略 〜〜〜
 いや、それが良かったんです。一言で言うと。正直山登りはいままで興味が持てなかったけど、こんなに面白いとは。今回選んだ土器山は途中の景色もいいし地形も面白い。標高もほどほどで最初にしては登りがいのある山でした。登り口で拾った枝を両手に登りましたが、最低限これは必須アイテムだなと思いました。

 頂上付近は巨岩が随所にあり、祠も祀られてました。三角点付近は360°パノラマ。天気にも恵まれ、山頂で食べたおにぎりは最高でした。

 今思うと結婚記念日に山登りなんてうちらしい。こういうひらめきが麻由子の魅力の一つだなあとあらためて思う。素敵なアイディアに乾杯。ありがとう。

PS 以下のブログを参考にさせていただきました。とても詳しく解説されていて安心して挑戦することができました。土器山に興味持たれた方は是非登って見てください。
http://saga.otokulab.com/?p=407

2017年1月29日

今年もよろしくお願いします。

2017年が皆様にとって良い年でありますように。




2017年1月19日

気がつけば干支がひとまわり


 久しぶりに地区の敬老会で演奏させていただきました。

 これまで遠方の敬老会に演奏で呼んでいただいたりで欠席することも多かったのですが、今年は運良く(?)参加することができました。ふと数えてみると、ここ倉谷部落にお世話になり始めて12年が過ぎてましたが、住み始めた頃に自己紹介がてら演奏させていただいたことが、最近のことのように思い出されます。
 越してきた当時はまだ母のお腹の中にいた次女も今は小学校6年生。皆さんに見守られて大きくなりました。

 年月が過ぎ現在子供はうち以外に1人だけになりました。この日は敬老のお祝い記念にと、朝から二人で協力して折り紙(やっこさん)を折ることに。20世帯ほどの部落ですが、お祝いされる方のほうがはるかに多いです。
 宴もたけなわ、地区の方のハーモニカと私たちShanaの演奏の後促されてお二人登場。緊張しながら改めて自己紹介。そしてお一人お一人に言葉をかけて(かけられて?)やっこさんを手渡す。お孫さんを見るような皆さんのこぼれるような笑顔が印象的でした。

 式次第にはもちろん入ってないいわばサプライズイベントでしたが、一番皆さんに喜んでいただけたような気がします。(いや、親の欲目かな?)
 そのあとホッとした二人はカラオケ、『キセキ』をデュエットで熱唱しました。本人たちもいい思い出になったことでしょう。加えて、最後の締めは指名をうけ、自分が万歳三唱の音頭をとらせていただきました。これまた初めてのことで、お酒が入ってても緊張しました!これまたいい思い出になりました。

 わたしたち人見知り家族を快く受け入れて下さり、色々教えていただいた倉谷部落の皆さん、どうかこれからもお元気でお過ごし下さい。

2016年9月29日

サガテレビ・かちかちPressのお助けコーナー"TASKUL"


 毎日本当に暑く、おまけに雨が少ない日々が続いてますね、おかげで畑の土はガチガチになってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 こちらは6月中旬の田植えが終わった後、チェレステ楽団さんとのコラボイベントやみんなのコンサートなどが続き、ほぼ100%本業のギターに没頭しておりました。で、仕方がないことですか、田畑はおろそかになって草が生え放題になります。
今年の畑は自分がジャガイモを植えてただけでまあいいんですが、仲間とやっている田んぼのほうは見て見ぬ振りもできんなあと思いながら、今年も稗がすくすくと育っておりました。
 そんなある日、年賀状の写真などでお馴染みの石隈アキちゃんの提案で、タイトルのお助けコーナー”TASKUL”にお願いすることに。お助けに入ってくれるのは、お笑い芸人コンビメタルラックの若いお二人。撮影クルー(カメラはもちろん石隈アキちゃん)の皆さんも本当に暑い中感謝感謝でした。この日の模様は8/22のかちかちPressの同コーナーで放送されることになってますので、よかったらご覧ください。


2016年8月12日

1 / 18 ページ 古い日記 >>